【退職のご報告】会社とかこれからとか。


GW明けということで、ご報告も兼ね。

先日の4月末をもって、2010年から約2年お世話になった博報堂を退社しました。

どうせいつ死ぬかもわからないので、そして誰かにもしかしたら意味があるかもしれないので、脈絡も無いいつも通りのチグハグな日記感覚で、ご報告も兼ねつつ、会社と、時代と、これからについて遺しておく、そんなエントリーです。

 

まずは、広告会社について。

本当にお世話になりました。

新卒当時、同業界、また他の業界からも運良くたくさんオファーをいただけたこともあり、どこにいくのか、本当に悩んでいた時期がありました。そんなあの頃に戻っても、また同じ選択をするだろうと思うくらい、この2年間は本当に恵まれていました。といっても、大きな組織ですから、思う通りにいかないことがたくさんある中、目の前にあることをやりつつ、でもああだこうだ常に文句を言ったり勝手にやったりといったこともあったわけですが…。

今もプロジェクトをやりつつよるヒルズに一緒に住んでいる高木新平との1年目。

同時に新設部署に入れられ、気づけばこれから一緒に色々やる高橋才将との2年目。

その他、博報堂という組織を中心に集まり、動く、面白い方々との時間。

素敵な時間だったなぁと。
こんなに恵まれた環境はなかなか無いんだろうなと。
振り返って、あらためて、色々と思います。

総合広告会社ってもうおわってんじゃね?
ネット系ベンチャーの方がイケてるんじゃね?

とか、それに近しいことを思う方もいるかと思いますが、それは組織の体制と軸にあるビジネスモデルの話であって、そこにいる人たちの中には、魅力的で、それはもう僕が遥かに及ばない”能力”や”気概”を持った人たちがたくさんいました。そして、いきなりITベンチャーに行っていれば、たぶん見えなかったであろう視点をたくさん拾い上げることができました。

「コピー1本で、なんて時代が終わった。」
そんな軽はずみなことは口が裂けても言えない。
それで社会が動くことは無くなっても、会議が、企画が、そしてお金が動くことはまだまだある。そんなものを間の当たりにすると、その言葉に行き着く思考からはたくさんのことを学ばないと、と思わざるをえません。言葉の力は、これからもずっと偉大なんだと思います。

「マスメディアは死んだしイケてない。」
そんな視点の狭いことなど恥ずかしくて言えない。
そもそもメディア=箱と捉えて、箱を分析して、「あの箱はイケテナイ」なんていうのは視点自体が狭いんだろうと思います。使い方次第で、また捉え方次第で、それは箱ではなくメッセージそのものや違う何かへ変えていけるのだと思います。そんな可能性を信じるのは、インターネットの未来を信じる以上に、力も能力も妄想力も必要で、でも、だからこそ夢あることだと思いますし、そういったところにチャレンジして暴れる若い人がもっといていいのだと思っています。

「広告は刹那的だ。」
一部はそうかもしれないけれども、これからはどんどんと変わっていく。
ユーザー1人の人間の人生に一生忘れることが無いような体験をのせて、クライアントの課題解決に繋がる施策をすることも出来る。そう実感できる案件に初年度から携わらせてもらい、目の当たりに出来たことは、本当に恵まれていました。

「ビジネスモデルが死んでる。」
それなら、崩壊していない(しない)モデルを持つ会社はどこにあるのか。
大手の日系企業を見渡せば、ほとんど崩壊しつつあるところばっかりじゃないかなぁ..なんて思います。どれだけの期間そのモデルに依存して来たかという差はあれ、結局どこにいっても新しいモデルを創って行くという使命は、これだけ変化の早い時代、全ての若いサラリーマンが持つべき意識だと思うんですよね。一般的には「経営者視点」とかっていうんですかね、そういうの。なので、より新しいモデルが求められるところにいられることは、むしろやりがいがあると思えばいいんじゃなかなぁ、なんて思います。

広告会社はもちろん、その他大きな組織について何かしら煽るようなかたちで色々と言いきる人は、たぶん、言いきること自体が仕事の一部になっているか、ただ誰かの言葉を思考せずにコピペしているかなんじゃないかと思います。そもそも二元論で語るなんてもはや「売り物」をつくるようなことなんですから。(別にそれが全く悪いとはおもいませんし視点の供給として意味のあることなんだと思います)

広告に限らず、銀行には銀行の、通信には通信の、生保には生保の、地方公務員には地方公務員の、たくさんのやりがいと、可能性があるんだと思います。実際にそれぞれの領域で変革を目指して、結果、そこで挫折したことが無い限り、安易に否定する事なんて本当は出来ないんですよ。

一部の人々が新しい働き方を発信したりすると、大きく古い組織に勤めるそんな彼らの人生があたかも比較の結果「幸せじゃない」ように見えがちだけれども、そんなことは無い。全ての人は、各々がつくったバーチャルワールドに生き、そしてまたしっかりと地に足をつけ、どこかに向かって歩んでいるですから。それはきっとどこかでいいんですよね、歩いていればその歩いた道での体験に呼応する何かしらの幸せにあたるんですから、とか思ったりしています。

と、少し広告会社から話がそれましたが、、、要は、ネットに限られない広告会社は、そんな中でも数ある業界と比較したとしても、本当にまだまだたくさんの可能性を秘めている領域だし、楽しめるところだと思うんですよね。そして、そこはたくさんの発見がまっている場所です。なので、僕より若い人たちは、広告業界にいる人材、メディアネットワーク、クライアントネットワークを使って、社会に何が出来るのかを妄想しながら、臆することなくこれからもどんどんそういったところへ飛び込んでいっていいんじゃないかなと思っています。

もちろん、中にも色々とありすぎて一概には言えませんが、やりようによってはきっと楽しいはずですし、ああいった組織でしか出来ないこともきっとあります。
そういえば、先日、この新聞広告を見ました。

「東北はひとつ。日本はひとつ。」

お前、新聞も読んでないのに新聞広告か…って話ですが、それでも、出社最終日にたまたま(そしてはじめてちゃんとw)じっくり見たその新聞広告は、とても、とても、素敵でした。ああ、これで人の命は助からないんだろうけど、とてもいいなって、これで勇気をもらった上の世代の方々はたくさんいるんだろうなぁ、なんて。

広告会社は、いいところです。
(ネガやリスクもある前提ですけどw)

 

そして、個の時代について。

インターネットを、僕は小学校3年くらいに経験しました(今の若い人からは「遅っ…」と笑われるかもしれませんけどw)。ゲーム屋さんに交渉して、ソフトをなるはやで手に入れては、必死にやりこんで、学校から帰ってはゲームの攻略サイトを日々つくりあげる毎日。レンタルして設置していた掲示板に集まってくれるたくさんのゲーム好きの人々とああだこうだ言い合って、夜9時からはテレビドラマを見ながらCGIチャットで日本中の会ったことが無い人とツッコミを入れて盛り上がる。

そんな体験があったせいか、社会人になる前年、2009年に僕がtwitterにものすごくハマった時も、なんていうか、「ああ、懐かしいなこの感じ…なんかあの頃の楽しさが戻って来たよ!」といった感じでした。

ただ、唯一大きく違ったのは、
そこに実名ベースの「個」があったということ。

facebookとまではいきませんが、それでもtwitterでは個人名を晒して情報発信している人がたくさんいました。そして、その個人と個人のやりとりがオープンになることで、そこの繋がりが可視化される。それが更に人を巻き込み、今で言うソーシャルキャピタルというものを得た人たちは、それを使ってビジネスをしたり、新しいことをやっていく。そんなのが目につくようになりました。

そして、そこから2年、気がつけばフリーランスやノマド論が展開され、「個」を活かして仕事をすることのメリットが凄く強調されるようになりました。ただ、なんとなくそれを見て「会社に頼るのは古いよね」とか「フリーランスでスタバで一人で仕事とかイケてるよね」なんて、言う事がたくさん出て来て、いやぁそれは違うよなと思うんですよね。個って、たぶん、ものすごく大変なんじゃないですかね。繋がれるようになったと言うけれども、繋がる為にはお金や時間とは別のたくさんの”新しいコスト”がかる。

そして、実際は本当に一人では何も出来やしない。人は社会的動物ですし。結局「個」が個でありながら、うまく繋がっていくこと、そしてそれが将来的には何らかの形でネットワーク化・組織化されていくことが一番大事なことだと思います。

一人で何でも出来る、なんてことはなくて、フリーランスでいる人はたくさんの人や組織に支えられているからそうでいられるし、ノマドだって、ノマドが成立する環境をたくさんの組織が用意してくれているから、成立しているんですよね。そういった環境・便益を、自らが創出していけるような体制作りを、「個」の人たちはしていかなければならないんでしょうね。(もちろん一部そういった動きがどんどん出て来ていて、いいなぁと思っています。)

個の時代だと言われて「大きな組織にいたら腐る」なんて雰囲気さえありますけど、百歩譲ってそれに反論をせずに受け容れたとしても、まぁ、いいんじゃないですか。腐っても、幸せであふれていれば、素敵な人生じゃないですか。とか、個人的には思ったりしています。

だから別に、そういうフリーランスの流れをうけて、、、みたいな退社ではありませんw

ただ、僕はこれからも外にいる「個」を掲げて面白いことをしかけようとする人とは一緒に仕事をしていきたいし、出来るように頑張らないとなぁと切に思っています。僕も、そういった時代の流れが、これからの新しい社会に在り方に大きく関わって行くだろうなーとは思っているので。

「個」の時代の中で、自身はどのような”場所”にいたいか。それは、これからもずっとずっと考えていかなければならないことだなぁと思っています。

 

最後に、退社とこれから、という話について。

人生は、タイミングだと思っています。

はあちゅうさんが電通を辞めたのも、高木新平が博報堂を辞めたのも、やっぱり「タイミング」だと思うんですよね。

でも、もし僕があの人の中にいたらそれはタイミングじゃないかもと思ってるような気がするし、同じように、僕以外の人が僕の人生を生きていたら、このタイミングはタイミングだと思わなかったかもしれない。ただ、出会いと、やってみたい事がある、ということが重なり、僕にはそんな気がした、というだけです。

決断をする際に、小難しく論理を探したがる気持ちはわからないでもないけれども、みんな究極的には論理ではないところで人生選択してると思うんですよね。結婚なんて、論理的には成立しないと思いますし。だから、論理を超えるタイミングが訪れてくれたことに(そしてそれを貰えたことに)、ものすごく感謝をしています。

今年社会人になる後輩とかもたくさんいますが(別に何も実績があるわけではないのでたいして説得力の無い言葉ですが)、自分の中で「タイミングktkr!」って思ったら、勘違いでもいいからそっちに行ってしまう、そんな感じでいいんじゃないかなと思っています。勘違いしたとしても、その先に道は続いているはずなのでw

そして、これからの、組織。

大きな組織が大量の雇用を生み出しているのを見て、あれってやっぱりすごいなぁと思っていました。特に大きな組織に入ってからは。国家や企業といった共同体の仕組みが崩壊しつつあって…なんて話はもちろんですが、まだまだ全ての人間がフリーランス的な暮らしなんて出来るわけなくて、、、そういうところに守ってもらって生きていく必要がある人、また生きていきたい人で、でもその人が抱える幸せの為に、前向きに頑張れる人ってたくさんいるんですよね。

それを受け止めているって、単純に格好いい。

僕からすると、ちょっと良い意味での前時代的な香りもする、男としての気概みたいなものを感じたりします。

”俺、あいつと結婚することにしたんだ”

なんて言いきる同性の友達とかがちょっと格好よく見えるように。(そんな人格は法人はどこにも持っていないんでしょうけどねw)

もはやネガティブな論調がある場でしか見なくなった「終身雇用」なんて、25歳の僕はそんなのもともと肌感で信じてもいないし、最初に入った組織にずっと頼るつもりも無かったんですけれども、どっかのキャラクターに「終身雇用」を違う状況のセリフで言わせてみたとすれば、

”お前の人生、俺にちょっと預けてみないか?”

っていうメッセージの類いの1つに入るものだと思うんですよね。そんないいモンじゃないよと言われそうですが、でも、もし本当にそんなことを思って、誰かにそういった言葉を言えたら、そして、言える組織をつくれたら、素敵だなぁと。

新しい時代の生き方には興味があるし、そういう意味ではよるヒルズでの暮らしや、働き方・キャリアの捉え方についても色々と考えてはいるつもりです。一方、新しいものや概念が全て良いという事ではなく、ある仕組みや制度がその昔に機能していたのだとすれば、(今後それが機能するかどうかは別として)そこにあった想いやりとか、それをつくった人や世代の考えとかは、色々と見つめてみると実は今も普遍的に価値あるものであったり、純粋に格好良かったりする。だからこそ、多くの人を魅せて巻き込んできたものだと思うんですよね。そういったものは、変化が激しい時代だからこそ、やっぱり見つめていきたいと思っています。

雇用を通じて人の人生を背負う。

前時代的だと後ろ指さされるかもしれないなぁと思うけれども、凄いことで、憧れもする。もちろん、新しく生み出す「雇用」は「終身雇用」である必要はなくて、あくまでもこれからの時代の社会の在り方にフィットするかたちとしてでいいんでしょうけど。例えば、家入さんが言っているように、複数の箇所から収入を得てリスク分散をしてっていう、それもあるんだろうなぁと思います。ただ、もし本当に社会が少しずつそうなっていくのだとすれば、そのリスク分散を手伝える側にまわりたいですよね^q^

そんなふうに色々と考えた時に、ゼロから、そんな雇用の視点まで含め、誰かの為にアクションが取れるような組織をつくれないかと妄想し、そして挑戦してみることは、とてつもなく大変で困難なことかもしれないけれども、たぶん「やりがい」という意味では、有限な人生をかけてみるに値することの1つだなと思うようになりました。

そんなわけで、この5月からは、タイミングをくれたと同期の高橋と、DeNA出身のエンジニアの椎名アマドと、まずは3人で「TIMERS」という組織をつくり、そこに人を巻き込みながら、少しでも多くの価値を生み出す為、色々とやっていきます。

お世話になった方々に感謝しつつ、またこれからもご一緒いただけるよう。
そしてこれから出逢う方々とは、一緒に面白いことを世に送り出せるよう。

ひとまずは自社サービスである「Pairy」というアプリを準備中です^^(え、結局やるのアプリなんかyo…て声が聞こえますねええww)

http://pairy.com

ちなみにプライベートではこちらも。

http://living-project.com

これ以外も、色々としかけられるよう、精進しますので^q^

今後とも、引き続き
何卒よろしくお願い致します^^

田和

5件のコメント

Filed under life

5 Responses to 【退職のご報告】会社とかこれからとか。

  1. 高広伯彦

    同じ博報堂卒業生として応援します。がんばってください。何かあればいつでも連絡ください。ご飯ぐらいはごちそうします。

  2. はまにし

    英断、尊敬します!応援してます。何か役に立てることがあったら言うてね♪

  3. 村松未来

    田和さま
    はじめまして。むらまつみらいと申します。
    twitterでは@mu_willでフォローさせていただいております。

    本エントリーを読んでバズの予感を感じとりました。
    やっぱりタイミングだと思うので、
    田和さんにとって幸せなほうに転びますように
    こころよりお祈り申し上げております。
    今後の活動も影ながら見届けさせていただきたいと思います
    バズ・ライト・イヤー┃ 。・ω・。┃ノきらきら

    http://www.facebook.com/mirai.muramatsu

  4. Yuji Yoshikawa

    田和さん

    はじめまして。
    昨年度トライフメンバーの吉川雄司と申します。

    これから頑張ってください。
    なんか、上の文章を読んで、わくわくしてます。

  5. 秋間建人

    とってもいいね!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>