憧れと幻想に包み込まれて-「あの頃、ペニー・レインと」-


君がいるから、全てがキラキラまぶしい、15歳。

 

監督:キャメロン・クロウ

出演:ケイト・ハドソン、パトリック・フュジット

 

70年代の音楽が好きならば、この映画ははずせない。

 

海外の映画評を眺めると、そんなコメントが至る所で目につきます。

(すいません僕は全く詳しくないです…orz)

 

「あの頃ペニー・レインと(Almost famous)」

 

15歳で批評の才能を開花させ、ローリングストーン誌のライターとして雇われて人気バンド「スティル・ウォーター」の全米ライブ・ツアーへと同行することになったウィリアム。トゥルーストーリーでは無いにしろ、監督のキャメロン・クロウは実際15歳でローリング・ストーン誌のライターとなり、レッド・ツェッペリンやニール・ヤングなど、伝説的ロックスターのインタビューに成功といったその話がベースにはあるとか。

 

そんなウィリアムと出会うのはスティル・ウォーターのグルーピー(体を捧げることもいとわないおっかけ)の中心格、超ブロンド美女、ペニー・レイン。

 

音楽に捧げる人。

バンドに捧げる人。

 

そういう人たちにとって、音楽やバンドはまさに「家」や「家庭」のような存在。だからこそ、主人公のウィリアム家の家庭崩壊と、バンドの(”家庭”)崩壊が見事に重ねられ、一見はるか遠い世界のようなバンドの世界の話も、個々の青春の一喜一憂を通じて共感できる部分があったり。そんなわけで、全然違う人生をおくってきた鑑賞者も「あー、あの頃・・・」と哀愁に浸れてしまいます。

 

アルコール。

セックス。

乱交。

ドラッグ。

 

なんでもありなわけですが、それらが「汚らしい」という印象は一切なく、15歳の青年が抱く「憧れ」へのキラキラした幻想が物語を包み込んでいるため、「なんか素敵、いいなぁ、青春だなぁ」なんて思えてしまう訳です。

 

全てがキラキラまぶしい、そうそう、こんな時期(シチュエーションは違えど)あったなぁ、と。

 

しかし、よくもまぁこれほどこの映画にぴったしの瞳を持った少年を見つけたなぁ、と驚かんばかりのキャスティング。ペニー・レインにも、はしゃぎまわる若いエネルギーをただガンガン感じさせるだけでなく、時にとんでもなく妖艶でセクシーな面を見せるまさに「憧れ」に相応しいケイト・ハドソン。(エヴァンゲリオンのアスカではこうはなりませんね・・・)

 

ケイト・ハドソンは「200本のたばこ」から「ル・ディボース」や「10日間で男を上手にふる方法」など色々みてますが、この作品が圧倒的。

 

映像、音楽も素敵で、ストーリーに一喜一憂してる間に2時間が終わってます。

(ただ、楽しむ為には「70年代の雰囲気や音楽が嫌いで無い」という条件は必要かもしれませんw)

 

 

キャメロン・クロウ監督が自身を含め、夢を忘れた大人たちへ贈ったこの作品は、アカデミー賞とゴールデングローブ賞を受賞。50年後も間違いなく「青春映画」「ロック映画」の金字塔としてそこにあるでしょう。死ぬまでに、見た方がいいです。

 

にしても、洋画の予告編は見終わってから見ると倍楽しい。邦画の予告編には無い楽しみ方かと。

あと、邦題も秀逸。

「Almost Famous」ではここまで愛される映画にはならなかったでしょうしね。

 

憧れと幻想の世界に包み込まれて死んで行きたい人にはオススメの作品です。

コメントする

Filed under movie

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>