トーキョーよるヒルズへ引っ越しました^^


 

 

 

 

 

 

少し前の話になりますが

 

5月某日

 

気がついたら

 

白い光の差し込む六本木ミッドタウンのカフェのテラスで

 

夏を予感させる小麦色の軽いビールを片手に

 

 

「六本木って実はけっこうステキな町なんじゃない!?」

 

 

「うん、てかよくみると街行く女性もみんな素敵じゃん!」(気のせい)

 

 

「てか空気も良いかも!」(良くない)

 

 

「緑もこーんなにあるしね!」(ミッドタウンの木)

 

 

「グローバルじゃん!」(基本怖そうな人)

 

 

「お洒落!」(道路はゴミだらけ)

 

 

「素敵なまちだなぁ!!」

 

「なぁなぁ!」

 

「なぁなぁ!!」

 

「フゥーーーーー!」

 

 

と、

 

六本木に住もうと決意した直後、不安と期待から押し寄せるプレッシャーに、皆、少し精神錯乱に近い状態になっておりました。

 

ということで、六本木に住みます。

 

場所は、六本木駅徒歩4分の神立地。

 

男女複数人での、シェアハウス。

 

 

いや、やろうと思えばいつでも出来るんでしょうけども、

若い方が(ことし25…)こういう生き方はやりやすいだろうと、

エイヤで決めました。

 

人生一回しか無いので^^

 

 

ただ、思えばCVSに行った時は@tatsuroと2ヶ月弱ルームシェアをしていたし、二度目のスタッフではスタッフチーム(女2, 男4)で2LDKのレイシー邸をシェアしてたし、半年前には今の家に1ヶ月程大学時代の友人が居候がいたので、決して”シェアヴァージン”なわけではありません。

 

ちなみに

 

シェアハウスのネーミングコンペでは

 

僕が提案した満身創痍の2作

 

 

「ギャラクシー・メゾン・ROPPONGI」

 

 

「ミッドタウンヒルズ六本木」

 

 

 

2秒で非難を浴びただけでなく

 

総選挙得票数ゼロ(0)で惜しくも涙をのみ、

 

結果

 

「トーキョーよるヒルズ」

 

 

通称

 

 

「ヨルヒル」

 

という、素敵で可愛い、女性も喜ぶ名前に決定しております。

 

一人一部屋?

 

無いです^^

 

No room, no lifeなんて誰がいったんでしたっけ?

 

100インチのスクリーン&プロジェクターと、

数千冊の書籍があればダイジョウブ。

 

 

さよならプライベートスペース

 

ようこそオープンライフ

 

とりあえトイレ

 

恋せよオトメ

 

 

いつでも気軽に遊びに来てください^^

 

でも、もちろん、これは「実験」の場です。

 

家をメディア化する?

シェアハウスを進化させる?

 

そこらへん、考えていることは、またこんどまとめて書きます^^

 

まだ正式なオープニングの会もしてませんが、

既に何十名の方々に来ていただいており、

facebookページの「いいね」も270を越えております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

引き続き、どうぞよろしくお願いします^^

※7月末までは神谷町にもいます。

 

コメントする

Filed under life

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>