Monthly Archives: 5月 2012

【退職のご報告】会社とかこれからとか。

GW明けということで、ご報告も兼ね。 先日の4月末をもって、2010年から約2年お世話になった博報堂を退社しました。 どうせいつ死ぬかもわからないので、そして誰かにもしかしたら意味があるかもしれないので、脈絡も無いいつも通りのチグハグな日記感覚で、ご報告も兼ねつつ、会社と、時代と、これからについて遺しておく、そんなエントリーです。   まずは、広告会社について。 本当にお世話になりました。 新卒当時、同業界、また他の業界からも運良くたくさんオファーをいただけたこともあり、どこにいくのか、本当に悩んでいた時期がありました。そんなあの頃に戻っても、また同じ選択をするだろうと思うくらい、この2年間は本当に恵まれていました。といっても、大きな組織ですから、思う通りにいかないことがたくさんある中、目の前にあることをやりつつ、でもああだこうだ常に文句を言ったり勝手にやったりといったこともあったわけですが…。 今もプロジェクトをやりつつよるヒルズに一緒に住んでいる高木新平との1年目。 同時に新設部署に入れられ、気づけばこれから一緒に色々やる高橋才将との2年目。 その他、博報堂という組織を中心に集まり、動く、面白い方々との時間。 素敵な時間だったなぁと。 こんなに恵まれた環境はなかなか無いんだろうなと。 振り返って、あらためて、色々と思います。 総合広告会社ってもうおわってんじゃね? ネット系ベンチャーの方がイケてるんじゃね? とか、それに近しいことを思う方もいるかと思いますが、それは組織の体制と軸にあるビジネスモデルの話であって、そこにいる人たちの中には、魅力的で、それはもう僕が遥かに及ばない”能力”や”気概”を持った人たちがたくさんいました。そして、いきなりITベンチャーに行っていれば、たぶん見えなかったであろう視点をたくさん拾い上げることができました。 「コピー1本で、なんて時代が終わった。」 そんな軽はずみなことは口が裂けても言えない。 それで社会が動くことは無くなっても、会議が、企画が、そしてお金が動くことはまだまだある。そんなものを間の当たりにすると、その言葉に行き着く思考からはたくさんのことを学ばないと、と思わざるをえません。言葉の力は、これからもずっと偉大なんだと思います。 「マスメディアは死んだしイケてない。」 そんな視点の狭いことなど恥ずかしくて言えない。 そもそもメディア=箱と捉えて、箱を分析して、「あの箱はイケテナイ」なんていうのは視点自体が狭いんだろうと思います。使い方次第で、また捉え方次第で、それは箱ではなくメッセージそのものや違う何かへ変えていけるのだと思います。そんな可能性を信じるのは、インターネットの未来を信じる以上に、力も能力も妄想力も必要で、でも、だからこそ夢あることだと思いますし、そういったところにチャレンジして暴れる若い人がもっといていいのだと思っています。 「広告は刹那的だ。」 一部はそうかもしれないけれども、これからはどんどんと変わっていく。 ユーザー1人の人間の人生に一生忘れることが無いような体験をのせて、クライアントの課題解決に繋がる施策をすることも出来る。そう実感できる案件に初年度から携わらせてもらい、目の当たりに出来たことは、本当に恵まれていました。 「ビジネスモデルが死んでる。」 それなら、崩壊していない(しない)モデルを持つ会社はどこにあるのか。 大手の日系企業を見渡せば、ほとんど崩壊しつつあるところばっかりじゃないかなぁ..なんて思います。どれだけの期間そのモデルに依存して来たかという差はあれ、結局どこにいっても新しいモデルを創って行くという使命は、これだけ変化の早い時代、全ての若いサラリーマンが持つべき意識だと思うんですよね。一般的には「経営者視点」とかっていうんですかね、そういうの。なので、より新しいモデルが求められるところにいられることは、むしろやりがいがあると思えばいいんじゃなかなぁ、なんて思います。 広告会社はもちろん、その他大きな組織について何かしら煽るようなかたちで色々と言いきる人は、たぶん、言いきること自体が仕事の一部になっているか、ただ誰かの言葉を思考せずにコピペしているかなんじゃないかと思います。そもそも二元論で語るなんてもはや「売り物」をつくるようなことなんですから。(別にそれが全く悪いとはおもいませんし視点の供給として意味のあることなんだと思います) 広告に限らず、銀行には銀行の、通信には通信の、生保には生保の、地方公務員には地方公務員の、たくさんのやりがいと、可能性があるんだと思います。実際にそれぞれの領域で変革を目指して、結果、そこで挫折したことが無い限り、安易に否定する事なんて本当は出来ないんですよ。 一部の人々が新しい働き方を発信したりすると、大きく古い組織に勤めるそんな彼らの人生があたかも比較の結果「幸せじゃない」ように見えがちだけれども、そんなことは無い。全ての人は、各々がつくったバーチャルワールドに生き、そしてまたしっかりと地に足をつけ、どこかに向かって歩んでいるですから。それはきっとどこかでいいんですよね、歩いていればその歩いた道での体験に呼応する何かしらの幸せにあたるんですから、とか思ったりしています。 と、少し広告会社から話がそれましたが、、、要は、ネットに限られない広告会社は、そんな中でも数ある業界と比較したとしても、本当にまだまだたくさんの可能性を秘めている領域だし、楽しめるところだと思うんですよね。そして、そこはたくさんの発見がまっている場所です。なので、僕より若い人たちは、広告業界にいる人材、メディアネットワーク、クライアントネットワークを使って、社会に何が出来るのかを妄想しながら、臆することなくこれからもどんどんそういったところへ飛び込んでいっていいんじゃないかなと思っています。 もちろん、中にも色々とありすぎて一概には言えませんが、やりようによってはきっと楽しいはずですし、ああいった組織でしか出来ないこともきっとあります。 そういえば、先日、この新聞広告を見ました。 「東北はひとつ。日本はひとつ。」 お前、新聞も読んでないのに新聞広告か…って話ですが、それでも、出社最終日にたまたま(そしてはじめてちゃんとw)じっくり見たその新聞広告は、とても、とても、素敵でした。ああ、これで人の命は助からないんだろうけど、とてもいいなって、これで勇気をもらった上の世代の方々はたくさんいるんだろうなぁ、なんて。 広告会社は、いいところです。 (ネガやリスクもある前提ですけどw)   そして、個の時代について。 … Continue reading

5件のコメント

Filed under life