Monthly Archives: 8月 2011

実現しにくそうなものを実現させる-”Angry Birds by T-mobile”-

T-Mobileのリアルアングリーバード。 フラッシュモブといい、ほんと、T-mobileは格好いいよね。   「え、それ、マジでやっちゃったの?凄いね….さすがだね….」 と思わせる、実現力が、人々を驚かせ、誰かに伝えたい気持ちを引き起こす。 「ホリエモンの一日秘書」なんかがきちんと拡散していたのも、やっぱり「おお、それ、やっちゃうんだ」なんていうのがあったからなのかな。 最高なのは、「斬新なアイデア」に「実現力」が伴うことなんだろうけれども、そのアイデアがそこまで奇抜で新しく無くとも、「実現しにくそうなものを実現させる」ということが出来て、それで人が喜んだり楽しんだり機会を手に入れられるのであれば、自然と広がるんだろなぁ。 そういう意味で、「実現出来る人」や「実現出来る人を引っ張って来れる人」は大事になるなー。

コメントする

Filed under 未分類

時代は、オタク文化と同性愛者の文化。。。-「The Glee Project」-

The Glee Project、なんていうリアリティ―番組があるなんて知らなかった。 これと同じような仕組みをやっても持ちこたえられるだけ強い世界観があるドラマってまず日本にはない気が。 「Glee」といえば、70万人以上を動員するミュージカルツアーをやってのけるくらいのアメリカのお化けミュージカルドラマ。 2年連続でゴールデングローブ賞。 エマを演じるジェイマ・メイズが素敵すぎて「おおー」となったりするわけだけど、なんか、見る度に「アリーmylove」に出てたクリスティーナ・リッチを思い起こすような。つまりあれだ、タイプですね、ええ。 作品のノリ的には「ハイスクール・ミュージカル」みたいな感じだから、好き嫌い別れるんだろうけど。 案の定、向こうでも子供とかのファンがかなりついてるとか。 しかしながら、アメリカの子供も泣いて喜ぶ人気コンテンツが同性愛者の人の感性によって生まれ、また、その作品の中でも最も人気があるのがこれまた同性愛者のキャラクターなんてね。 日本は日本で、BLとか流行ってるし。 時代は、オタク文化と同性愛者の文化、なのか。。。

コメントする

Filed under 未分類

“Last Shooting & Speech of Harry Potter”

“I was a chosen one.” Believe you are a “chosen one”, and you will see a whole new world. Let the past goes, and take a step. It could be the nice to ask yourself, “What’s a part of your … Continue reading

コメントする

Filed under movie