Monthly Archives: 11月 2010

日本企業の使えないおっさん=ウッディ-「トイストーリー3」-

「涙無しには見れない、語れない。」 と、もっぱらの噂だったトイストーリー3。 ええ。 泣きましたが。 何か。 てか、あんなふうに、人形と人間の関係をフラットに描かれてしまうとなかなかどうにも。それこそ、「おもちゃ」という宿命からは逃れられない彼らの儚さと、その宿命の上においても幸せな瞬間は続くのだという人生の宿命論の中にある希望的示唆が人々の感性を刺激し、ゆるやかで豊かな気持ちに浸らせてくれる訳です。涙腺も緩みます。 さて、そんな当たり前の話はさておき、今回はトイストーリー3で(無理矢理)別の話を。 思えば、日本は終身雇用・年功序列制度、アメリカはそれこそ成果・能力主義が一般的で、これまでの社会を形成してきました。しかしながら、ほっとけば右肩上がりだった経済の終焉に加え、急速なグローバル化が進んだ日本では、 「終身雇用制度?いつの話だよ。赤坂にあのフーターズが出来て、検索はgoogle、人気の携帯はappleのiphoneという、21世紀の10年目だぜ?」 という台詞が飛び交う、なんともまぁクールでファジーな楽しい時代に突入してきたわけです。 就職活動生も、意識が高い人になればなるほど 「終身雇用?いやいや、転職とかあたりまえっしょ。ステップ論に基づいて一社目なんて選ぶもんね。」 な感じだったり。 そんな中、このトイストーリー3はと言えば、アメリカ社会がこれまで信仰してこなかった、そして日本から失われつつある「繋がり」を描写しています。 「雇用主に対する帰属意識」 「人間とおもちゃの間にある絆」みたいなこと言ってますが、本来彼らの間にあるのは「友情」では無く、雇用する側とされる側のシビアな関係に近いものであるわけです。求めている、もしくは評価しうるバリューを発揮しないのであれば、そこにいる意味が無い、というのが使用者から見たおもちゃです。だって、家においておくにしても「スペース」という「コスト」がかかるわけですし。 作中、ウッディは 「俺たちはアンディのおもちゃじゃないか。アンディを信じよう。アンディのもとに帰ろう!」 と主張します。一方、仲間達は裏切られてゴミとして捨てられたものだと勘違い。(その後の作品の流れでは、結局ウッディの主張が正しく、帰属意識の先にある「愛」とか「友情」みたいなものを美化してちゃんちゃん、な物語になるわけですが) そして、おもちゃ達が理想とする「いつまでも一緒に」ということは叶わないにしろ、きちんと次のポジションを与えてくれるあたり。昇進しなかった人材にそれなりの処遇とポストを創って(子会社にでも)恩義を計らってくれた一昔前の日本企業みたいな感じですね。 一方、悪の象徴として登場するピンクのクマ率いる保育所のおもちゃ軍団は、冷静に見ればよくある典型的な組織である事に気づきます。一部の管理者が手厚い処遇を受け、「新入社員」はハードな環境で下働き。ただ、実力があるのなら(例えば突出したリーダーシップとかね)若くとも上の世界に来て同世代や年上の部下を管理もできるなんて、アメリカっぽいじゃありませんか。「地獄」なんて大層な言い方がされていますが、よっぽど現実的なわけです。 映画は人の欲望/願望を映し出す鏡だと言われますが、トイストーリー3が描く美しく感動的な世界は、アメリカ人はもとより日本人にももはや保証されなくなった雇用主への帰属意識の価値や重要性みたいなものをあえて描き、私たちに根拠のない時代遅れな価値観と安心感をほんの一瞬与えてくれているんではないでしょうか。だからこそ、毎日に嫌気がさして疲弊しているほとんどの人にグサリとささるのでは。。。 おもちゃの「仕事」は、子供と遊んで、子供をハっピーにする事。 思えば、時代の流れによっておもちゃはもちろん、子供が触れる娯楽の多様化は進みました。ニンテンドーDSさえあれば、それこそ無数のゲームがプレイできるし、今では無料で出来るゲームもある。2~6歳むけくらいの、これまで人形とかでしか遊んでいなかった層でも遊べるゲームも誕生して生きています。 ウッディたちみたいな旧来型おもちゃの「転職・再就職活動」が今後厳しくなる中で、ウッディたちは近い未来、「時代についていけない社会人」として、どのような処遇を受けることになるのか。あのピンクのクマの運命のように、「遊ぶ」という自分たちの発揮していた価値からの転換をはかり(無理矢理はからされるわけですがw)、別の(不遇な)「用途・価値」を見つけ出さねば、それこそゴミとして燃え盛る炎の中に投げ込まれてしまうんでしょうね。 そのうち、ウッディ=日本企業の使えないおっさん(リストラ対象)、という構図になりかねません(いやもちろん、彼のリーダーシップとか行動力とかすごいんですけど、あくまで例として。) ウッディたちが炎に包まれそうになるゴミ山には、他にウッディたちと同じ境遇であのまま燃え尽きてしまったおもちゃ達が(描写されませんが)、何万とあるはずです。そして、そういった所には気づかずに感動して涙を流す人間達の(自分含め)視野の狭さにあらためて愕然としつつも、うまく物語を構成するピクサーの作り手達の巧さに脱帽してしまいます。 人間の組織では評価されにくくなった「想い出」や「友情」、「帰属意識」といったものを、おもちゃの仕事の世界に置き換えて綺麗に物語ってくれる。そんなピクサーの人達の発想はやっぱり凄い。 3作品目として素晴らしい作品になってますので、ぜひぜひ。 バズってましたが、大人のトイストーリーもどうぞ。

コメントする

Filed under movie