Category Archives: life

師走。

街はクリスマスソング。 交差点は手をつなぐカップル。 ネオンにきらめくROPPONGI。 お好み焼き屋へと向かう男3人。 12月23日、PM 8:00。   うむ、悪くない。   負けか勝ちかはさておき、クリスマスシーズンにおいて横に手をつなぐ女性がいるということは社会的に正解らしいが、23日に男数人で忘年会をして何が悪いというのもまた全うな意見である。   ただ、ひとしきり驚いた事は、皆そこまで普段から公にはアウトプットはしていないのだが、実は本当にリア充ということだ。女の子とのメールはしっかり抜かり無くするし、彼女は居ないまでもきちんと24日には女の子を含めてパーティーを企画している。「女の子との電子メールを手を込んでする」なんていうのは高校時代以来持っていない発想だ….。     地球は丸かった。     そんな身近な存在に関する新たな事実を小学校1年で突きつけられた時くらいの驚きである。   世の中の男性も女性も、というか人間は案外単純だ。 ただ、その時々の都合と環境を利用し、複雑性を自ら創出している。 単純であることを否定するがために。   それは人間の本質かもしれない。   なんて、   大きなことを妄想している自分もまた好きだったりするもの「複雑性を好む人間」の一面である。     時の流れは奇妙で神秘的だ。 僕らは「23日」を、沈んでは上る太陽みたいに普遍的なかたちで、その流れの引導をまだまだ何十回も受け入れることになる。   「で、明日は何するの?」   そんな問いかけはきっと来年も再来年の23日もしているのだ。   ただ、未来を妄想した時、その問いに対するレスポンスが毎年違うかもなぁ、なんて思えるのなら、またこれから365日生きてみてもいいかもなと前向きに思えたりする。いや死ぬつもりは毛頭ないけど。   時の流れを感じられることに感謝し、まだ時が流れると信じられていることにも感謝し、来年の冬も、そんな感じでありたいと思えた12月。 … Continue reading

コメントする

Filed under life

ソープオペラと個人メディア(※ソープランドではありません。)

                    「ソープオペラ」と言われるものがある。   いわゆる「昼ドラ」で、海外などでは石けんなどのスポンサーがついていたからこのような呼称で呼ばれたりするらしい。「As The World Turns」とか「Lighting Guide」とか、ここ2-3年で終了してしまっているけれども、1950年代くらいから続く驚異的なご長寿ドラマが存在していた。   そんなソープオペラについて、留学中に読んだ記事に、”ソープオペラ症候群”な人たちについてのものがあった。   テレビというメディアがお茶の間を占め、毎晩同じようなライフスタイルをおくる視聴者にとってはもはや生活の一部と化すソープオペラ。日本のよくあるワンクールみたいなものではなく、何十年も、ものによっては毎週何度かやるのだから、主人公達の成長はもちろん、主人公達が物語の中で生んだ子供が次の主人公となり、成長を遂げて行く姿も同じくおっていくことになる。視聴者はそんな(画面の中の)彼らの人生の紆余曲折とともにリアルな人生も歩んで来たのだから、最近であったそこらへんの知人なんかよりも彼らを大切にしちゃうし、感情移入もかなり本気でしてしまったりするのだ。   イメージとして言えば、日本の「渡る世間は鬼ばかり」で、えなりくんがあんな子供だったのに気がつけばしっかりものの青年になり、ついには恋愛するようにまでなっていて、「がんばれ!えなくりん!」なんて思わず親心的につい夢中になってしまうおばさんたちがわかりやすいだろうか。(80を越えているうちの祖母なんてそんな感じだった。)   それが過度に行き過ぎる人々がいわゆる”症候群”的なものとなり、普段の生活のリアルな繋がりよりも感情移入しすぎて、リアルよりもただの一TVプログラムを優先 してしまうこともあるらしい。   記事では確か   A:「今日誕生日会があるんだけど、一緒にいかない^^?」 B:「ごめん、今日、別の誕生日会があるの><?」 A:「そうなんだー。誰の?」 B:「ああ、えっと、Lightning Guideの主人公●●の彼女、●●の誕生日パーティーよ。」 A:「え、それドラマじゃ… ?」 B:「そうよ?けど、一ヶ月前から主人公と友達の●●が企画してたんだから。」 A:「・・・・(××;)」 B:「ん、何?どしたの?」   … Continue reading

2件のコメント

Filed under life

トーキョーよるヒルズへ引っ越しました^^

            少し前の話になりますが   5月某日   気がついたら   白い光の差し込む六本木ミッドタウンのカフェのテラスで   夏を予感させる小麦色の軽いビールを片手に     「六本木って実はけっこうステキな町なんじゃない!?」     「うん、てかよくみると街行く女性もみんな素敵じゃん!」(気のせい)     「てか空気も良いかも!」(良くない)     「緑もこーんなにあるしね!」(ミッドタウンの木)     「グローバルじゃん!」(基本怖そうな人)     「お洒落!」(道路はゴミだらけ)     「素敵なまちだなぁ!!」   「なぁなぁ!」   「なぁなぁ!!」 … Continue reading

コメントする

Filed under life